研究状況

1. ジュアールジャパン株式会社社(ケニア)紅茶の成分分析と血糖降下作用の検討


目的:HPLC法で各種試験(再現性・直線性・特異性)を実施した。また、ジュアールジャパン社(ケニア)茶のエキス末を配合したカプセルを用いて、インスリン非依存型糖尿病患者を対象として血糖値に及ぼす影響などについて実施した。
実施機関:チョウパシー医療センター、代謝内分泌科(インド)
試験デザイン:無作為抽出による二重盲験試験で、12週間連続摂取によって
血糖降下作用を検討した。
結果:各種茶類を検体として比較検討したところ、ジュアールジャパン社(ケニア)茶が他の茶類よりテアフラビンが多く含まれている事が確認された。
本試験により、ジュアールジャパン社(ケニア茶)の摂取有効量及びジュアールジャパン社(ケニア茶)が血糖上昇抑制作用に期待できる事が分かった。
(日本糖質学会)



2. CAMELLIA SINENSISの葉から調製した紅茶抽出物の粉末調製物のグルコース低下作用


目的:茶ポリフェノールには血糖降下作用があることが知られているが、紅茶抽出物の血糖降下作用がインスリン類似機能であるか調べるため糖尿病性マウスの前脂肪細胞の分化効果を検討した。
結果:紅茶抽出物は血糖値の上昇を抑制し、前脂肪細胞の分化を適度に刺激し、インスリン様作用のあることが示唆された。
(Controlled Release Society、)



3. ジュアールジャパン社(ケニア茶)がラットの血糖値に及ぼす効果


目的:ラットをプラスイオン環境下に置くと、血糖値が高くなり、脳脂質の過酸化が促進される。その試験マウスに対して、3か月間ジュアールジャパン社(ケニア)茶エキス末が有効に作用するかを検討した。
結果:水を与えた群に比べてジュアールジャパン社(ケニア)エキス末溶液(1.5g/L)を与えた群では、有意(p<0.05)に血糖値が下がり、小脳・大脳および血中過酸化脂質量が有意に下がった。
(日本公衆衛生学会



4.ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末のメラニン生成阻害とチロシナーゼ阻害


目的:ジュアールジャパン社(ケニア茶)による美白効果を確認するため、ジュアールジャパン社(ケニア)茶エキス末のメラニン生成阻害効果とメラニン生成に関与するチロシナーゼの阻害効果を検討した。
結果:ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末20〜50μg/mlで約15〜20%メラニン生成は阻害された。また、ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末30μg/mlで32.6%チロシナーゼ活性は阻害された。
(日本公衆衛生学会)



5. ジュアールジャパン社ケニア産紅茶の長期摂取による血糖値の変動


目的:血糖降下作用のあるジュアールジャパン社(ケニア)紅茶をインスリン非依存性糖尿病患者と糖尿病マウスに長期投与し、ヒト及びマウスでの結果の同等性について比較した。
結果:ヒトとマウスで食後の血糖値の上昇が抑制され、結果は同等であり、モデル動物での結果は十分にヒト臨床試験を反映するものであった。
(日本臨床薬理学会)



6.糖尿病モデル動物の肝臓の酸化的ストレスおよびジュアールジャパン社(ケニア産)紅茶抽出物の抗酸化効果を評価するための in vivo ESR 分光機の適用


目的:ESR法などにより茶ポリフェノールにはin vitro で抗酸化力のあることが報告されているが、in vivo で抗酸化力があることを測定することは容易ではない。そこで、糖尿病モデル動物としてインスリン非依存況薪尿病ラットであるWistar肥満ラットを使い、肝臓の酸化ストレスおよびジュアールジャパン社(ケニア茶)抽出物の抗酸化効果を評価するため、 in vivo ESR 分光機が適用できるか検討を行った。
結果:試験開始時においてWistar肥満ラットの血糖値は対照群のラットと比べると高値であった。対照群のラットにジュアールジャパン社(ケニア)紅茶抽出物を投与しても、抗酸化効果を示すスピンクリアランス速度定数には有意差がなかった。一方、Wistar肥満ラットにジュアールジャパン社(ケニア)紅茶抽出物を投与すると、スピンクリアランス速度定数は有意に加速されており、血糖値とは相関関係が認められた。 このようにin vivo ESR 分光機を適用することで、Wistar肥満ラットの酸化状態を測定できる可能性が示唆された。そして、ジュアrジャパン社(ケニア)紅茶抽出物はin vivoで抗酸化物として効果的であったことが示された。
Controlled Release Society


7.ジュアールジャパン社スパーカプセルの保湿及び美白効果確認


目的:各種文献やin vitro での検討データによれば、ジュアールジャパン社SODスパーカプセルの主な成分であるポリフェノール、ビタミンB群、ビタミンEは肌に対して老化防止や美白効果があることが知られている。そこで、女性健常者を被験者としてジュアールジャパン社スパーカプセルを摂取した場合の各種皮膚の状態に及ぼす影響を検討した。試験は被験者を2群に分けジュアールジャパン社スーパーカプセルあるいはその対照カプセルを4週間にわたり毎日摂取することで、摂取前後において群間で統計学的に有意差がでるか判定を行った。
結果:ジュアールジャパン社スーパーカプセル摂取群は対照カプセル摂取群と比較して、水負荷試験における総皮膚水分量の増加、皮膚弾力性の増加において有意差が認められた。このことは、ジュアールジャパン社には肌の水分吸湿効果と弾力性上昇効果があることが示唆された。



8.ジュアールジャパン社(ケニア茶)テアフラビン含量とヒアルロニダーゼ
 阻害活性



目的:ジュアールジャパン社(ケニア茶)のポリフェノール成分として、テアフラビン類とカテキン類が多く含まれている。そこで、テアフラビン類の含有量を各種茶葉についてHPLC法で測定し比較した。一方、ジュアールジャパン社(ケニア茶)がアレルギー症状を軽減することが知られているので、アレルギー症状を軽減する要因として、ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末のヒアルロニダーゼ阻害効果の検討を行った。
結果:HPLC法によるテアフラビン類の測定結果では、ジュアールジャパン(ケニア)茶>セイロン紅茶>インド紅茶>烏龍茶>緑茶の順で、ジュアールジャパン社(ケニア茶葉)で明らかに含有量が多かった。また、ジューアルジャパン社(ケニア茶)はヒアルロニダーゼ阻害活性が認められ、花粉症などのアレルギー症状を軽減する可能性が示唆された。
(日本補完代替医療学会学術集会


9.ジュアールジャパン社の茶はα-グルコシダーゼ阻害活性ならびにプラスイオン環境下でのジュアールジャパン社茶投与がラットの血糖値に与える影響


目的:ジュアールジャパン社(ケニア茶)に含まれるポリフェノールには食後の血糖値上昇抑制作用など様々な生理活性があることが報告されている。プラスイオンを暴露されたラットの血糖値は上昇するため、このラットにジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末を摂取させ血糖値に及ぼす効果について検討を行った。またこの血糖値上昇抑制作用が澱粉の消化酵素の阻害効果によるものであるかを検討するために、α -グルコシダーゼ試料としてラット小腸粉末を用いて実施した。
結果:ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末0.15%を3か月間摂取させた群では、対照群と比較して有意に血糖値が下がった。そして、in vitroでジュアールジャパン社(ケニア茶)にはα-グルコシダーゼに対する阻害作用があることが示された。このことから、ジュアールジャパン社(ケニア茶)を摂取することでラットの血糖値上昇が抑制されているのは澱粉の消化酵素であるα-グルコシダーゼが阻害されることによる効果である可能性が示唆された。
(日本補完代替医療学会学術集会


10.ケニアの高地で生産される紅茶、ジュアールジャパン社(ケニア)茶キナ酸含  量


目的:キナ酸は尿を酸性にするので、尿路感染症の予防に有効である。キナ酸含量の多い食品として、クランベリー、プルーンなどが知られるが、これらの食品を日頃摂取することは通常困難であるが、茶であれば日常摂取することは比較的容易である。そこでジュアールジャパン社(ケニア茶)についてキナ酸を定量してみた。
結果:ジュアールジャパン社(ケニア茶)から熱水抽出されたキナ酸量は、緑茶や烏龍茶よりも約2倍多い。ジュアールジャパン社(ケニア茶)から熱水抽出されたキナ酸量と比較すると、メタノールによる還流抽出では約4倍増加した。発酵茶(=紅茶)のほうが不発酵茶(=緑茶)よりもキナ酸含量が多いが、緑茶を実験的に発酵させるとキナ酸含量が約3倍増加することが確認されたため、茶葉中のキナ酸は発酵過程で生成されることが推測された。発酵茶であるジュアールジャパン社(ケニアの)茶葉には、他の茶葉よりも多くキナ酸が含まれていることから、ジュアールジャパン社(ケニア茶)の摂取で尿路感染症の予防になる可能性が示唆された。
(日本農芸化学会


11.ジュアールジャパン社(ケニア産)茶エキス末のBALB 3T3細胞を用いた光防   御の効果


目的:細胞に紫外線を照射すると活性酸素を発生し、細胞に障害を与えることがある。こうした光毒性試験は動物を使って実施されていたが、その代替法としてマウス胎児由来BALB 3T3細胞の生死についてニュートラルレッド(NR)色素の細胞への取り込み量を吸光度測定することで確認できるNR 法が提案されている。ジュアールジャパン社(ケニア茶)には活性酸素を消去する抗酸化力があるので、ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末を用いてその光毒性の抑制効果をNR法にて検討した。
結果:紫外線が強くなるほど、NR法での吸光度は下がり光毒性が強くなった。ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末0.5mg/mLになると細胞が縮まり細胞毒性が認められた。ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末0.031〜0.125mg/mlで紫外線照射(11J/cm2)による光毒性に対して細胞の相対生存率が上がり、ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末に光細胞毒性防御作用があることが示唆された。
(日本農芸化学会2005年度


12.空気プラスイオン環境におけるジュアールジャパン社の茶投与による脳脂質の  過酸化と免疫


目的:生体成分の過酸化を促す空気プラスイオン環境におけるラットに対して、ジュアールジャパン社(ケニア)茶投与による生体中の脂質過酸化とビタミンB1濃度および免疫への影響を調べた。
結果:ジュアールジャパン社(ケニア茶)摂取群のラットの大脳の過酸化脂質反応値はコントロール群と比較して有意に(p<0.05)低くなった。血中ビタミンB1濃度には有意な変動は認められなかった。脾臓から分離したリンパ球数はコントロール群と比較して有意に(p<0.05)多くなった。このことから、ジュアールジャパン社(ケニア茶)摂取により神経組織の酸化を抑制し、免疫能を高めることが示唆された。
(日本ビタミン学会)



13.ラットにおけるジュアールジャパン社(ケニア産)紅茶エキスの効果


目的:生体成分の過酸化や血糖値上昇を促す空気プラスイオン環境におけるラットに対して、アフリカ産紅茶エキス投与によるラット生体中の影響を調べた。
結果:ジュアールジャパン社(ケニア産)紅茶摂取群のラットの血中過酸化脂質量と大脳過酸化脂質量および血糖値はコントロール群と比較して有意に(p<0.05)低くなった。逆に、脳幹におけるビタミンB1濃度はコントロール群と比較して有意に(p<0.05)高くなった。また、脾臓から分離したリンパ球数はコントロール群と比較して有意に(p<0.05)多くなった。このことから、ジュアールジャパン社(ケニア産)紅茶摂取により血糖値上昇を抑制し、神経組織の酸化による老化を抑制しビタミンB1による活性化を促し、脾臓リンパ球数が増加による免疫状態の改善など、生体によい効果をもたらすことが示唆された。
(European Medical and Biological Engineering Conference)


14.ジュアールジャパン社(ケニア)茶エキス末のKK-AY/TaJcl糖尿病マウスへの 血糖低下効果


目的:ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末をKK-Ay/TaJcl(2型インスリン非依存性糖尿病)モデルのマウスに短期および長期投与し、マウスの血糖値に及ぼす効果について検討した。
結果:ジュアールジャパン社(ケニア茶)エキス末は2型インスリン非依存性糖尿病マウスに対して、短期投与後では経口糖負荷試験で血糖値上昇が抑制され、長期投与では食後血糖値上昇と体重増加が抑制された。紅茶抽出物は前脂肪細胞の分化を促進することから、インスリン感受性を改善する可能性も考えられる。紅茶抽出物は、膵臓でインスリンが分泌されるのを直接刺激するのではなさそうである。むしろ、血糖をコントロールして糖尿病を予防すると思われる

15茶 カ テ キ ンの イ ン フル エ ン ザ 予 防 作 用
茶カテキン,紅茶テアフラビン(カテキ2量体)は極めて強 いインフルエ ンザウイルス
不活化作用をもつ。
インフルエ ンザウイルス液とEGCg各濃度液を混合後"直ちに細胞上(イヌ腎臓細胞を平板培養)にかけ感染 させた。数日間培養 後染色し,生じたプラー ク(溶菌斑)を数え,ウイルス感藻 増殖の指標とした。
その結果,図5に示したように,ウイルス―EGCg混合液中のカテキン濃度が数ppmという極低濃度でウイルスの感染はほぼ100%阻止さ礼プラークは生じなか った。
通常飲まれる煎茶のカテキン濃度は00ppm前後であり,
茶カテキンの効果は驚異的といえる。
ジュアアルディ紅茶原料のテアフラビンはさらに優れていた。

ただしこれら茶ポリフェノール,
茶カテキン類の耐熱性有芽胞細菌に対する最小発育阻止濃度(ppm)茶ポリフェノール類の抗インフルエンザ、高濃度にした紅茶茶葉の研究が進んだ。
公式なレポートが各学会で認められている。
公衆衛生学会 京都 現在の「ジュアアルディ」

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 弊社の研究資料及び学会発表(図、表)を無断で利用することは違法になります。
昨今弊社商標を無断で利用し弊社の社名で販売するなどが多く見られますこれらも違法になりますので直ちにおやめ下さい。

ジュアールジャパン株式会社「ジュアアルディ」に使用されている原料茶葉は高濃度テアフラビンが豊かにふくまれています。

参考
私たち研究開発を始めたのが1998年まだ「テアフラビン」が注目されたことがない時代に紅茶葉に「テアフラビン」豊かに含まれている事を発見し更に高濃度化を目的とし食餌療法飲料・食餌療法食品の研究が始まりました。

今ではあたり前のように雑誌やネットでも研究の結果を見ることが出来るようになりました。
このテアフラビンを摂取すると、具体的にどんな効果が考えられるのか、参照。

どの様な報告が私共研究者に送られてくるのかをご紹介いたしましょう。

ケニア産紅茶ポリフェノール「テアフラビン」

テアフラビンとは、茶の木など、カテキンを含む植物から構成される成分名です。

「紅茶フラボノイド」と呼ばれることもある成分で、ワインなどに含まれていることで知られるポリフェノールの一種に分類されます。

テアフラビンは、茶葉を揉みこみ、茶葉についた傷から染み出した酵素とカテキンなどポリフェノール成分が交わり、発酵が進むことで生成されます。

このため、製造工程上に特定の茶葉類のお茶のみに含まれるのが特徴です

また、テアフラビンの色素は赤く、特有の渋み・苦みを持つ成分であるため、通常の紅茶の色や味の基となっています。

テアフラビンに期待される効果とは

紅茶発酵によって生成される茶葉に含まれるテアフラビンを摂取すると、どのような効果が
期待できるのでしょうか。

テアフラビンの摂取によって期待される4つの効果について見ていきましょう。

インフルエンザへの予防効果は知られている

テアフラビンには、インフルエンザウイルスの持つ特定のタンパク質を覆う性質があり、インフルエンザの感染力を失わせる事でウイルスの人体への侵入と感染を防ぐ効果が認められています。

このことから、紅茶(テアフラビン)を飲んだり、紅茶を使ったうがいをすることで、
ウイルスの型を問わず
インフルエンザへの感染を防ぎ、インフルエンザにかかりにくい状態を作る
ことができると考えられています。

殺菌、消毒効果

テアフラビンは、お茶に含まれる各種ポリフェノールのなかでも、人の体に有害な殺菌やウイルスに対し高い殺菌効果があると考えられています。

たとえば、食中毒や腹痛を引き起こすボツリヌス菌、コレラ菌、ピロリ菌をはじめ、皮膚疾患を引き起こす白癬菌(水虫菌)などへの消毒・殺菌の効果が報告されています。

コレステロール値を下げる効果

テアフラビンには、コレステロールの酸化を抑え、悪玉のコレステロールのみの生成を抑える効果が報告されています。このため、悪玉コレステロール(LDL)値の低下にも効果が規定できる成分といわれています。

血糖値の上昇を抑える効果

テアフラビンには、糖の吸収・代謝を促進するアミラーゼという酵素の働きを抑え、身体への余分な糖分の吸収を抑える効果があるとされ、血糖値の上昇や、糖尿病の発症予防・症状改善に役立つ可能性があることが報告されています。

(糖尿病は遺伝的な物もある事も報告されている)

紅茶ポリフェノールが持つ意外な効果

紅茶ポリフェノール「テアフラビン」を豊富に含む紅茶には、上記で紹介して効果以外にも以下のような健康効果が期待されています。

老化の抑制

テアフラビンには、身体を酸化させ、老化させる一因と言われている活性化酸素の除去・排出を促進する働きがあります。この作用から、テアフラビン豊富な紅茶を摂取することで、身体の老化を防止する効果が期待できるとされます。

生活習慣病の予防

高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病などの生活習慣病の一因は、血管や臓器の細胞が繰り返し傷つき、破壊されることで劣化し、機能低下することにあると言われています。

紅茶に含まれるテアフラビンには、細胞の酸化・劣化を防ぐ作用と、糖の吸収を抑制する作用が認められているため、代表的な生活習慣病の発症リスクを下げる効果があると考えられているのです。

上記の他にも、各種感染症の予防や、シミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれる効果があるという報告もされています。

日々の食生活が大きく影響することや水分の過剰摂取や逆に水分の補給が少ないことも影響されます。

効率よくテアフラビンを撮れる紅茶

最後に、紅茶からテアフラビンを効率よく摂取するための飲み方や、

テアフラビンを効率よく取るには高濃度化されたテアフラビンを選ぶ。

通常の紅茶の飲み方

ミルクはテアフラビン等ポリフェノールの吸収を阻害するため避ける

テアフラビンの健康効果を最大限に得たいなら、砂糖なども入れず味を変えるとすればクエン酸(レモン)を少々入れる。

テアフラビンにはさまざまな健康効果が

抗酸化作用や抗菌・消毒作用など、テアフラビンは、さまざまな病気や感染症予防への有効性が認められている成分です。紅茶には風味を感じさせる為に作られる物と健康飲料として研究され作られるものが有ります。

発酵茶に豊富に含まれているテアフラビンの健康効果を得たい人は、継続的に健康紅茶を飲むようにしてみてください。

ジュアールジャパン株式会社エビデンス資料、各研究所2002提出参考


ページのTOPへ